軟弱地盤対策

軟弱地盤対策にD・BOX

「D・BOX」は、水を通す性質のある袋に砕石を詰め込み、ランマ等で締め固めることで生じる摩擦力で、地盤補強や液状化対策などの効果を発揮する現代版「土のう」です。

環境にやさしい

砕石や発生土を使用し、土質や水質に影響のあるセメント固化材は一切使用しないため、六価クロムを発生させることはありません。また強度発生後も水を通す性質があるため、水道を塞ぐなどの土中環境への影響も小さくなるという自然環境に配慮した工法です。

優れた施工性

特殊な重機を使用せず、場合によっては人力だけでも施工が可能なため、広い範囲での利用ができます。

用途・効果

振動対策 道路、鉄道、工場、工事現場、機械類などの環境振動(交通振動)や地震による振動低減効果
地盤補強 軟弱地盤、超軟弱地盤での建物建築や道路などの建設に地盤補強(地盤改良)としての効果
液状化対策 特に砂質土で水位が高い場合に必要な液状化対策や工事現場などでの液状化した地盤の安定
下層路盤 高い強度と軟弱性により下層路盤の厚さを薄くし、道路や駐車場などの工事費と工期を削減

D・BOXの施工は、中国地区施工代理店 (株)山本工務店 にお任せください。

D・BOXは名古屋工業大学名誉教授松岡元(はじめ)先生の論証した「土粒子の区画拘束原理」を応用して開発した製品で、メトリー技術研究所株式会社 の登録商標です。

TOPへ